拡大先願について

ポイント!
自分の出願をする時点では公開されていなかった他人の出願の内容を、偶然、自分の出願のクレームが含んでしまう場合は、拡大先願として特許権にならない。

 拡大先願について 

・出願から1年6ヶ月経過しないとその出願は公開されない。
・自分の出願をする時点では公開されていなかった他人の出願の内容を、偶然、自分の出願のクレームが含んでしまう場合がある
例えば、以下の状況。
①:他者が出願(明細書中にA+B+Cの発明が記載されている)
②:自分が出願(クレームがA+B+Cを含む記載となっている)
③:①の1年6ヶ月後に①の他人の出願が公開
・この場合、②の自分の出願のクレームから①の出願の内容を含まないように補正すればよい。
・②の自分の出願のクレームから①のクレームの内容ではなく、①の出願の内容全体を含まないようにする必要がある点に注意

更新日:

Copyright© Techlogate , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.