職務発明の金額ランキング

コラム概要
・職務発明の対価は高額なものになると億単位となる。
・現時点での最高額は中村修二氏の約6億円。

 高額となった職務発明の対価 

・現時点の最高額は中村修二氏が日亜化学工業所属時に発明した青色発光ダイオードに関する発明。
→職務発明の対価をめぐり、日亜化学工業と中村修二氏で訴訟に発展
→第一審では604 億円と認定されるが、日亜化学が不服を申し立てる(2004年)
→第二審中に約 6 億円(遅延損害金含めて約8 億円)で和解(2005年)

・2番目は米沢成二氏が日立製作所所属時に発明した光ディスクの再生装置に関する発明。
→職務発明の対価をめぐり、日立製作所と米沢成二氏で訴訟に発展
→最終的に最高裁で約1億6千万円と認定され決着(2006年)

・3番目は成瀬昌芳氏が味の素所属時に発明した人工甘味料アスパルテームに関する発明。
→職務発明の対価をめぐり、味の素と成瀬昌芳氏で訴訟に発展
→第一審では約1億9千万円と認定されるが、両者が不服を申し立てる(2004年)
→第二審中に約1億5千万円で和解(2004年)

・職務発明の対価は高額なものになると億単位となる。
・米国を始め、海外にはこれ以上の金額となったケースは沢山存在する。
・もちろん、訴訟にならずにこれ以上の対価が従業員に支払われたケースが存在する可能性もある。
・高額な職務発明の対価は訴訟に発展する可能性が高い。

※日本における職務発明訴訟の最終的な金額で順位付けを行った。

最終更新日:2019/08/17

更新日:

Copyright© Techlogate , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.