記載要件(明確性要件)について

ポイント!
・クレームに曖昧な言葉が含まれる場合には明確性要件違反となる

 明確性要件違反とは 

・クレームに曖昧な言葉が含まれる場合には明確性要件違反となり、特許権にならない。
・曖昧な言葉とは、例えば、「高い(低い)」「長い(短い)」「約」など。
・但し、これは明細書を作成する特許事務所に対応を任せて良い。

投稿日:

Copyright© Techlogate , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.