特許権以外の知的財産権について

ポイント!
・知的財産権には特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、営業秘密などが含まれる。
・特許権、実用新案権、意匠権、商標権を取得するためには特許庁への申請が必要。

 知的財産権とは? 

・知的財産権には特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、営業秘密などが含まれます。
・特許権、実用新案権、意匠権、商標権を取得するためには特許庁への申請が必要になります。
・著作権、営業秘密は特許庁への申請は不要で、作成した時点で自然に権利を取得します。

 それぞれの権利の違いについて 

<特許権>
自然法則を使った技術的アイデアを独占する権利

<実用新案権>
・特許権同様に自然法則を使った技術的アイデアを独占する権利。
・特許権と比較して権利の取得は容易だが、権利期間が短いなどのデメリットあり。
・デメリットが大きいため、活用される機会は極めて少ない。

<意匠権>
・デザインを独占する権利。

<商標権>
・商品やサービスに付ける「マーク」や「ネーミング」を独占使用する権利。
・一般に商品やサービスには提供元を示す会社名、団体名も付される。
 →一般的には会社名、団体名についても商標権も取得する。

<著作権>
・思想又は感情を創作的に表現したものが保護対象となっている。
・定義が非常に難解な権利。
・研究開発者としては、他人が作成した以下のものには著作権が発生し、
 無断使用できない可能性があることを把握しておけばよい。
 −文章、図、表
 −デザイン、写真
 −音楽、動画
 −コンピュータープログラムのソースコード
・誰が作成しても同じ表現になるものは創作的に表現したものに該当せず、著作権は発生しない。

<営業秘密>
・ノウハウや顧客リストなど
・詳細は省略

更新日:

Copyright© Techlogate , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.